大切な着物を売ることに決めたら、少しでも高く買い取ってもらいたいものです。

では、高く売るためのコツはあるのでしょうか。

ここでは、着物を高く売るためのコツをご紹介していきます。

着物を高く売るための3つのコツ

1、着物買取の専門業者に依頼する

着物は、買取商品の中でも特に専門性の高い商品です。

買取項目に「着物」と記載されていても、専門家がいなくて正しい価格がつけられない業者もあります。

実績のある業者には、専門の知識と豊富な経験を持つ専門家がいます。
安心できて、少しでも高値で買い取ってもらうためにも、業者選びは慎重に行いましょう。

2、一日でも早く売る

着物は管理・保管に手間が掛かるものです。
わたしも経験がありますが、着物を正しく保管しお手入れをしていないと、シミができたり変色してしまい、悲しい思いをしまいした。
汚れのある着物は、査定額が一気に下がってしまい、さらに悲しい結果に。

有名作家ものの着物などはそれでも値段が付きますが、キレイな状態とでは雲泥の差。
無名の着物でシミがあったりすると、最悪値段が付かない場合もあります。

着物を売りたいなと考えたら善は急げ!汚れのないうちに一日でも早く手放すのが着物を高く売るためのコツです。

3、証紙をつける

証紙のある着物は、買い取りの際に必ず査定員に出しましょう。
証紙があることで、着物の価値が明確になり、買取価格アップにつながります。

証紙がない場合も買い取ってもらえますが、買取価格が下がってしまいます。

高価な着物や有名作家の着物をお持ちの方は、買い取り依頼前に証紙を確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

大切な着物を少しでも高く買い取ってもらうためには、着物買取専門業者に、一日も早く売ることがポイントでした。

まだ迷っているのでしたら、査定は無料ですので、まずは買取価格を聞いてみてはいかがでしょうか。
提示価格に納得いかなければ、取引をキャンセルしても一切料金は掛からず、全く問題ありません。

特に買取が初めての方には、クーリングオフ制度やアフターフォローなど、顧客対応が丁寧なバイセルが安心です。

バイセルの公式HPはこちらです⇒満足価格!着物買取【バイセル】

初めまして、つかさです。
着付け師、着付け教室講師、着物販売など、お着物関連の仕事を15年ほどしています。
この頃相談されることの多いのが、購入以外に処分方法についてです。
みなさん、お着物の処分方法に困っていらっしゃるようです。